【後編】結局「DX」ってなに?~ 読むだけで解るDXについて ~

こんにちは!今回は、結局「DX」ってなに?~読むだけで解るDXについて~の後編をお届けいたします。

前回はDXを実現するためには4つのプロセスの1つ目「Digitization(デジタイゼーション)」2つ目「Digitalization(デジタライゼーション)」こちらについてご紹介しました。

今回は3つ目となる「Digital Twin(デジタルツイン)」から説明します。

【Digital Twin】

デジタル化された地図を利用していく中で「もっとこうなればいいのに!」という「課題」が出てくると思います。
例えば、車の渋滞情報、目的地までの最短ルートが分かると、より便利ですよね。
これを解決するために、今までの過去のデータを使用します。

祝日の高速道路の情報、目的地までのルート数など、今までのデータを活用し、デジタル化の中で再現、その情報を使って様々な分析やシミュレーションを行い、結果をフィードバックします。そうすることで、「渋滞情報の更新」「最短ルートの表示」など、新たな提案が可能になります。

現地に行かないと渋滞情報が分からない、最短ルートがどこにあるのか分からない、といった状況が、「Digital Twin」のシミュレーションにより、そのような手間がなくなります。

【DX】

そして、DXを実現するメリットは、使う側だけのメリットだけでなく、もちろん作る側のメリットもあります。
全て手動で行っていた作業がデジタル化で可能になるため、作業の効率は確実に上がるでしょう。
目的地をサッと検索でき、ルート案内や電車の乗換、渋滞情報などをすぐに検索できるデジタル地図。
人々の生活をあらゆる面で豊かに変化させ、情報システムだけでなく、現状そのものを変えていくもの。それこそがDXなのです。

ここまで①~④までのプロセスを「地図」を例に説明してきました。

これでDXの実現成功!に、なるでしょうか?
そうではありません!
「Digital Twin」によって課題が解決された=DXの実現 ではないのです。
大切なことは、課題を見つけて解決策を見つける過程を「くり返し」行うことです。

つまり、「サステイナブル」、「持続可能」な活動が可能になります。

持続可能という言葉は「SDGs」という言葉で耳にする人も多いと思います。
DXを行うことで、「SDGs」に対応することもできるのではないでしょうか。
「解決して終わり」ではなく、「どうやって持続させるか、継続させるか」がDXにおいて重要です。
DXは社会の在り方を変え、ビジネスモデルまでも変革していきます。
これからの時代にDXの推進は欠かせないものですよね。

きっと「今からDXを始めなければ!」をいう気持ちになったと思います。
では、どこから情報を集めて、どのように始めたらよいのでしょうか?

 

それを実現するのが、この「IoT Station V2」です!

もっと詳しく知りたい方、ご興味のある方は、ぜひこちらのページをご覧ください!
https://iot.genech.co.jp/iotstation/