ビジネスのDXを実現するIoTプラットフォームサービス

鳥獣罠の見える化
鳥獣被害対策罠システム

鳥獣罠の見える化鳥獣被害対策罠システム

システム概要

鳥獣被害対策罠システムは、IoTセンサと連携し、山間部に仕掛けた箱罠やくくり罠の状態を見える化するシステムです。箱罠やくくり罠にIoTセンサを取り付け、罠に鳥獣がかかった際にリアルタイムでメールにて通知が届きます。見回り業務の改善や、罠の見回り優先順位付けに最適です。

猟友会のハンター様の見回り業務を改善します!

  • sims
     1.センサーが反応
    箱罠・くくり罠とセンサーを連携
    罠に鳥獣が掛かるとセンサーが反応
  • sims
     2.CHO-JUクラウドへ
    センサーからLoRaWANを通じて、CHO-JUクラウドへ
  • sims
     3.通知が届く
    獣友会などの罠管理ののスマホやPCにメールで通知が届く
Check①
罠の見回り業務の改善!
罠に鳥獣が掛かったときに、お手持ちのスマートフォンにメールで通知が届きます。鳥獣が罠に掛かったことをリアルタイムに分かると、罠の見回り業務を効率的に行えます。毎日の罠の見回り・点検作業改善のお手伝いいたします。
Check②
通信料が安い!
通信回線は、LPWAの「LoRaWAN」を使用しております。LoRaゲートウェイ(中継機)を設置し、その通信範囲内に罠を仕掛けることでIoT Stationにデータをあげることができます。携帯電話等で使用する3GやLTEではなく、省電力通信であるLoRaWANを使用しているため、低価格な通信料でご利用いただけます。
Check③
今お使いの罠にご利用可能!
現在ご利用の箱罠・くくり罠にセンサを取り付けるだけでご利用いただけます。また、センサの取り付け方やセンサの操作方法、メールの通知設定などに難しい作業はないため、どなたでも手軽にご利用いただけます。

センサに関するPOINT

  • POINT
    1
    どこでも設置可能
    携帯の通信回線も届かない山間部だけど大丈夫?

    1台のゲートウェイで約30台のセンサを管理し、ゲートウェイの通信距離は直径数キロの範囲をカバーしますので、ゲートウェイの電源さえ取れれば、屋内はもちろん、市街地・山間部のどこでも設置が可能です。

  • POINT
    2
    かんたん取り付け
    センサの取り付けが難しそうで不安なのですが…

    センサの設置方法は檻の近くの木にぶらさげるだけですので、どなたでも設置可能です。難しい作業はありません。
    ※ゲートウェイの設置時には専門の技術者が支援いたします。

  • POINT
    3
    かんたん交換
    バッテリーの持ちはどのくらい?

    センサのバッテリには、市販品の乾電池を採用しています。1年を目途に交換が必要ですが簡単に調達、交換が可能です。
    ※電池の残量はクラウド上の画面で確認可能

  • POINT
    4
    頑丈設計
    動物に壊されたり、壊れたりしませんか?

    センサは、木に取り付けるため動物からの危害は受けにくいです。また、-20度まで動作可能ですので、冬場の狩猟期間にも安心してご利用いただけます。

導入事例

長野県伊那市猟友会
【 長野県伊那市猟友会 】
課題 伊那市に発生する鳥獣は、猟友会のハンターが捕獲を担当してる
猟友会では高齢化が進んでいる上に、鳥獣の数に対しハンターの数が少ない現状である
設置した罠に対する見回り業務が負担になっているので、解決したい
わな 箱罠・くくり罠
対象動物 イノシシ・シカ

開発期間は最短約1週間!

IoTプラットフォームを活用して、
業務の効率化・課題解決を実現しませんか?

サービスに関するご質問等、詳しくはお気軽にお問い合わせください。