- 作業員の見える化 -

 

IoT Station 安全管理サービス

 

 


ー システム概要 ー

IoT Station安全管理では、工場や作業場所等で、事故や災害の発生時に作業員の避難状況確認の課題を解決するサービスです。簡単に位置情報を収集できることにより、作業員の安全管理におすすめです。

事故・災害発生時に作業員の

避難状況確認の課題を簡単解決!

工場等の室内に受信機を設置し、
工場内で働く作業員にビーコン(発信機)を
ヘルメットや胸ポケットに入れてお持ちいただくと
工場内の別の部屋に移動した際にビーコンが反応


受信機からLTE/3Gを通じて
   IoT Station


工場内での火災や災害時に、
作業員の位置情報が確認できる

・一定時間以上同じ場所から動きがないので、何かあったかもしれない...

・火災や災害時に作業員の避難状況を把握したい...

位置状況の把握で作業員の安全管理!

受信機(IoTゲートウェイ)は電源を入れるだけでご利用可能です!
さらに、wi-fi等と繋げる設定は必要ありません。複雑な設定は不要ですので、誰でもご利用いただけます。

※受信機はコンセントに接続して頂く必要があります。
(充電タイプではありません。)

 

ー 利用シーン ー

 

 

利用シーン①

 

 


災害発生時に作業員の避難状況(位置情報)が分かる!

作業員の位置情報が分かることで、火災や地震・事故発生時に建屋内に作業員が取り残されていないかが確認できます。工場内等の施設で、作業員の安全管理がしたいというお客様に最適です。

 

 

利用シーン②

 

 


作業員の作業状態が分かる!

一定時間同じ場所から動きがない場合や、作業員の位置情報に異常がある際に、察知することが出来ます。そのため、敷地内の人目に付かない場所にて作業員が倒れていないかなどを確認することができます。

 

 

利用シーン③

 

 


構内工事の社外作業員の位置情報を把握!

構内工事の社外作業員にビーコンをお持ちいただくだけで、自社工場内のどこで作業しているのかを確認することができます。普段居ない社外の作業員の位置情報を把握できることで、安心・安全に作業することができます。

 

 

利用シーン④

 

 


作業人数の確認!

複数人で行う作業を、一人で行っていないかを確認できます。それにより、作業管理・人員管理・安全管理を同時に行うことができます。例えば、重たい荷物を運ぶ作業を一人で行っていないか、2人一組で作業を行う場合に、ルールが守られているかの確認などにご利用いただけます。

 

【お問い合わせ】

【 30秒 / 無料 】
資料をダウンロードする